DCW&DCM


 チャールズ・イームズのデザインによるDCW(左)とDCM(右)。イームズが初期に手がけた家具のひとつである。この2つの椅子の完成度は高く、制作された当時から今まで様々な改良や中断を挟みつつ継続して販売され続けたロングセラーである。

Design memo
チャールズ・イームズ
1945年(DCW)
H736 / D508 / W483
1946年(DCM)
H760 / D540 /W505

CG DATA
Soft:Softimage,Photoshop

INFO
NOMs NEWS:イームズコレクターの一人である野村丈彦氏のページ。イームズに関する充実したコーナーが見応えがあります。あまりに分量が多いのでこの椅子に関するページの直リンクを下に乗せておきます。
http://www2.rosenet.ne.jp/~nom/eames_plywood-chair.htm


HomePageに戻る