マシントラブルとの戦い

なんか数年前にも同じタイトルの話を書いたような気がするが、どうもこの手のトラブルは定期的にやってくるものらしい。

 仕事柄、自宅にもPCを入れなくてはいけなくなったので長年使っていたMacintoshに加え、自作AT互換機を組み立てることにした。
これ自体はもっとスペックのいいマシンが組立に要したパーツ代より安く売られていたと言う落ちが付いたほかには、取り立てて対した問題が起こることもなく無事に出来上がったのだが問題はその後にあった。

 SoftManと言うSoftimage上でRenderManを動かす為のソフトのβテストの為、これらをインストールしたのであるがどうやっても動かないのである。いろいろ調べた結果MSVCRT.dllと言うdllのバージョンが古いことが原因だと言うことが分かった。しかし不思議なのはテストに使ったマシンは最新の筈のWindowsNT4.0 service pack6aが入っていたのである。そのときにはまあマイクロソフトのことだからと気にしていなかったのであるが、これが後々のトラブルの前兆であった。

 しかたがないのでこのdllを新しくしようとサービスパックを当て直したのだが、やはりどうやってもdllのバージョンは古いままである。やむなく問題のdllを送ってもらい入れ替えようとしたのだが、「このソフトウェアはWindowsNTが使用中のため入れ替えられません」と言うメッセージが出てどうやっても入れ替えることが出来ない。まあ、自分で自分を手術出来ないようにこれは当然の事なのだが、これからが大変であった。
 普通考えつく方法としては、フロッピーからDosを立ち上げるなどして別のシステムからDATAを入れ替える方法があるが、あいにくNTの場合ファイルシステムにNTFSと言う独自のファイルシステムを使っているため(普通のDosなどのFAT32も使用可能)DosからではDiskを見ることが出来ないのである。

 今考えれば間違いの元だったのだが、そこでLinuxを別のHardDiskに入れてそこからNTのディスクの中身をいじる事にした。念のため仕事場のLinuxのオンラインマニュアルを参照すると確かにmountコマンドの項目にNTFSの項目があるのを確認したのは言うまでもない。しかし自宅に帰って早速買ってきたHardDiskを組み込んでLinuxをインストールしていざNTの領域をマウントしようとすると“NTFS is Not supported”と言われるではないか。翌日、英文の読み間違えかと思って今度は日本語のオンラインマニュアルを調べてみると案の定NTFSの項目は無かった。

 仕方がないので、Linuxを入れたHardDiskに今度はNTを入れてこれで以前のNTのシステムをいじることにした。しかしLinuxを起動させる為にHardDiskのマスターブートレコードと言う起動時に読み込まれる部分にliloと言うソフトをインストールしたのが邪魔をしてどうやってもNTを起動させることが出来なくなってしまった。
思い返せばLinuxのインストール時にliloをどうするか警告が出ていたのに、そのままディフォルトでインストールしたのが敗因だと思ったが後の祭りである。

 そこでメインのHardDiskにNTをインストールし直したり、DosからFDISKをかけたりしたのだがどうやってもliloを消すことが出来ないのである。これではウィルスである。
 後で分かったのだがLinux上で“/sbin/lilo {-u|-U} - lilo”とタイプする事でliloはアンインストール出来たのだった。しかし既にLinux領域をNTインストールの時に消してしまったのでもはやこの方法は出来なかった。

 そこで最後の手段として中のHardDiskのマスターとスレーブを入れ替えて、もう一つのDardDiskを起動Diskとして起動させる事にした。だが理論的には完璧な方法にも関わらずHardDiskを見に行くところで、やはり止まってしまうのだ。

 もはや、HardDiskを全て破棄して新しいDiskに取り替えるしかないと思ったのを救ったのはネットで「マスターブートレコード」についての検索だった。なんと1発で僕と全く同じトラブルに困っている人のFAQが見つかったのである。それにしてもすぐ見つかったと言うことは、この手のトラブルに見舞われている人が結構いる証拠なのかもしれない。なんとDosから“FDISK /MBR”と言うコマンドを使うとマスターブートレコードを更新することが出来、さらにそのやりとりの中では定期的にこのコマンドを使うことが薦められているではないか。そんな事、普通のマニュアルにはどこにも書いていないぞと思いつつ、実行してみると何事も無かったようにマシンは起動するようになったのであった。


HomePageに戻る