料理は楽し4


正直に告白すると実は最近あまり料理を作っていない。
というのも、仕事がえらく忙しいせいで家に帰って作っていると翌日になってしまうからだ。
昔はそれでも、外食が嫌いなうえにコンビニ飯も嫌いだった事もあって必然的に自炊せざる得なかったのだが、最近はよくしたもので近所に深夜までやっている量り売りのお総菜屋さんが出来たこともあって、すっかり無精を決め込んでしまった。

 余談だが、これも住んでいる所のそばに大学があるおかげかも知れない。そのせいか駅前はすっかり大学生向けに最適化されパチンコ屋や携帯ショップや居酒屋や定食屋などばかりになってしまった。それはそれで別に困らないのだが、解せないのは本屋さんはいっこうに増え無いどころか、むしろ減っている事である。最近の大学生は本を読まないのであろうか。

 だが、いくらお総菜屋さんが出来てさらにスーパーがどんどん深夜営業するようになっても、やはり料理を作りたくなるときはあるものだ。それは突然お弁当やお総菜で売ってないメニューを食べたくなったり、仕事に詰まったときである(笑)。 そんなときは、久々に家で腕をふるうわけであるが問題は残り物をどう減らすかである。たまにしか料理を作らなくなると冷蔵庫にはだんだんと賞味期限が迫りくる食材がたまってくるからだ。
そんなときの強い見方がインターネットなのだ。以前もここでレシピに詰まったときにweb上のレシピ集が便利だという話を書いたと思うが、さらにべんりなのがgoogleに代表される検索システムである。少しでも検索システムを使った人は当然知っていると思うが、複数の検索項目を半角スペースで繋いでいけば両方のキーワードが含まれるページを探してくれる機能があるが、これを使って残った食材と料理もしくはレシピと言うキーワードで検索をかけてみるのである。すると便利なことに大抵は何らかのレシピが見つかるはずである。
 これと冷凍庫によってなんとか冷蔵庫の危機を食い止めている今日この頃である。


HomePageに戻る